【PR】本ページはプロモーションが含まれています

ツインレイ最大の試練「サイレント期間」を乗り越える為に必要なこと

ツインレイに必ず訪れる「サイレント期間」

ベッドの上で喧嘩する男女
運命の出会いをしたツインレイが、更にその先の統合を果たすために避けては通れない道、それが「サイレント期間」です。
サイレント期間はお互いの魂の成長を促す最大の試練であり、ツインレイ同士の恋愛で「最も過酷」と言っても過言ではありません。
今回は、そんな「サイレント期間」について解説。「どうしてサイレント期間になるの?」「チェイサーとランナーって何?」などの疑問にお答えします。

「サイレント期間」とは?

ツインレイについて調べる中で、必ず登場する用語「サイレント期間」。
簡潔に言えば、サイレント期間はツインレイの仲が引き裂かれ、別れたり連絡を取らなくなりバラバラになっている期間です。
期間中、連絡が取れないのはもちろん、会話をしたり会う事も出来ないことが多く、それ故にサイレント期間はツインレイの試練の中で「最も過酷」だと言われています。
ツインレイの最終目標である「魂の統合」を行うために避けて通れない道筋であり、サイレント期間はツインレイの魂を大きく成長させ、統合に至る為の準備期間だともいわれています。
そして、サイレント期間に突入したツインレイには役割があり、それを「ランナー」「チェイサー」と呼びます。

サイレント期間に兆候はある?

「もしツインレイとサイレント期間に突入しても、予め分かっていたら心の準備もできるかも知れない……。」そう思っている人も少なくないと思います。
しかし、サイレント期間は唐突に訪れる為、前もって心の準備をしておくことは難しいと言えます。「昨日までは何ともなかったのに」と思うことが起こるかも知れませんが、それもまた魂の成長のために避けて通れない道であり、だからこそ、サイレント期間を適切に乗り越える為の知識を持っておくことが重要になります。

サイレント期間になるとどうなるの?

サイレント期間に突入すると、「相手と全く連絡が取れなくなる」と言う日々が続きます。
どちらか片方が連絡先をブロックしてしまったり、共通の友人を通して会おうとしても拒否されてしまうなど、これまでの幸せな日々が嘘のように思えてしまうかも知れません。
期間については様々で、1カ月ほどで終わるカップルも居れば、1年~数年に渡って長い間待ち続けなければならないカップルも居ます。
サイレント期間が終わるかどうかは、お互いの魂の成長度合いに関わって来ることになるので、人によって差が生まれるのでしょう。

「ランナー」って何?

リビングで喧嘩する男女
ツインレイのサイレント期間において、二人はそれぞれの役割を与えられます。
その片方が「ランナー」。「追われる者」と言う意味で、サイレント期間に突入するきっかけになる役割です。
大体の場合男性がランナーになる事が多く、ある日突然連絡がつかなくなり会えなくなってしまいます。
勿論女性側がランナーになる場合もありますがそれは極稀で、大体の場合男性側の「今のままでは相手を幸せに出来ない」「自分は相手と釣り合わない」といった魂の葛藤の末に連絡を絶ちサイレント期間に突入することが多いそう。それ故に「ランナー」と呼ばれています。

「チェイサー」って何?

ランナーと対をなすチェイサーは女性に多く、連絡を絶ったランナーを「追う者」と言う意味があります。極稀に男性がチェイサーになる事もありますが、基本的には女性側の役割です。
チェイサーは文字通りランナーを再び出会う為に追いかける立場なのですが……注意点も多いので、きちんと役目を把握しておくことが大切です。
まず、チェイサー側はある日突然ランナーが音信不通になってしまう事で訳も分からないまま拒絶された気持ちになるでしょう。勿論、傷つくな、と言うつもりはありません。
傷ついた気持ちに折り合いをつけ、「ランナー」に対する執着心をなるべく抑えるように心がけましょう。
すぐには無理だと思いますが、「ランナー」側は相手と自分では将来幸せになれない、と思い離れているので、しつこく追いかければ追いかけるほど逃げてしまいます。
チェイサー側にも試練が訪れており、その試練とはつまり「ランナーを待つこと」です。
魂の成長した時、サイレント期間は自然と終わりをつげ、ツインレイは再会します。その時に向けて、相手に執着したり依存するのではなく、きちんと「自立」した人間になっていることが大切です。

サイレント期間中に起こる事は?

ソファで悩む女性
サイレント期間中は精神的、身体的に変化が起こりやすく、常に対処していくことが大切です。
ランナー側もチェイサー側もそれは共通していて、サイレント期間における自身の葛藤や精神面での成長には苦痛も伴います。そして、「どうしてそうなっているのか」を考え、受け入れる時期に突入しているのです。

1.ランナーに拒絶され続ける

チェイサー側としてはとてもつらい事ですが、サイレント期間に突入したランナーはあらゆる方法でチェイサーとの連絡を絶とうとします。
連絡先のブロック、SNSのブロック、近場に住んでいる場合には引っ越すなど、徹底してチェイサーと会わないように、連絡が取れないようにします。
これはランナー側がチェイサー側を強く想うが故の行動であり、乗り越えるべき壁でもあります。

2.体調を崩しやすくなる

ランナー、チェイサー問わず体調を崩しやすくなります。
サイレント期間は一種の「失恋」ともいえる為、好きと言う気持ちが強いほどストレスも大きく、体調を崩して仕事を休んだり、精神的な問題で食事が喉を通らなかったり、ふさぎ込んだりします。
ですが「自分だけがつらい」のではなく、相手側も同じ状況になっているかもしれない、と考えるところから始めると良いでしょう。
連絡が取れない以上、気持ちや言葉を届けることは難しいですが、相手を思いやる事が出来る、と言うのは魂にとって大きな成長です。

3.ツインレイ以外と浮気・結婚をする可能性がある

お互いに独身のツインレイだった場合、サイレント期間中に他の異性と知り合い結婚してしまう、と言ったケースは少なくありません。
ツインレイへの強い思いはありつつも、サイレント期間と言う試練に耐えられなかった、と言うのはあり得ない事ではないのです。
これもランナー、チェイサーどちらにも起こりえることです。特にサイレント期間が長い場合には、必然的に会えない時間が長くなるので心理的には「関係が終わってしまった」と考えることもあるでしょう。
浮気の場合には、寂しさや相手への気持ちに整理がつかず「思わず」と言ったことも多いようです。
ただし、サイレント期間が終われば、「どんな状況であれ」ツインレイは必ず結ばれます。

4.ツインレイと繋がっている感覚がある

ツインレイ同士は物理的な距離があっても、魂で繋がっているので常に相手を身近に感じることが出来ます。
それはサイレント期間でも変わらず、テレパシーで繋がっている二人には相手の状況や考えていることが自然と感じ取れる時があるのです。
これは通常の恋愛では感じられない特別な事です。連絡が取れなくてもふとした瞬間に相手を感じたり、再会するような気がしたり、ツインレイにしか分からない感覚がある場合にはその関係性は確かに本物なのです。

サイレント期間中にやってはいけない事

スマホを持つ女性の手元
運命の相手のはずなのに、連絡が取れない、会えない……。そんな状況が長く続けば、連絡を取りたくなりますよね。
拒否されているかもしれないけど、あの手この手で相手と連絡を取りたい、そう思うのは自然な事です。
特に拒絶されてしまった側である「チェイサー」は、日に日にそんな気持ちが強くなっていくと思います。
ですが、原則としてチェイサー側から連絡を取ることはしない方が良いでしょう。何故なら、それに対してランナーは「気持ちが重い」とますます追いつめられてしまうかも知れないからです。
ランナーが連絡を絶ってしまったのは、「自分が未熟だから将来幸せに出来る自信がない」と言う理由からです。
その状態である相手にチェイサー側から連絡を取ってしまうと、ランナー側は未熟な魂のままその気持ちや愛情に応えなければならず、プレッシャーを感じて更に離れていきます。
チェイサーがするべきことは連絡を取る事ではなく「待つこと」。依存や執着を捨てて相手の気持ちを察し、独り善がりでなく相手を思いやれるようになった時魂が成長したと言えるのです。

サイレント期間中の過ごし方

海で両手を上げる女性
サイレント期間中、どんな風に過ごせばいいのか、どうしたら魂の成長が出来るのかについてを説明します。
前提として、魂の成長には、本人の強い意志が必要です。ツインレイを結ばれる為には相応の我慢や自分を抑え込むことも必要なことを忘れないようにしましょう。

1.チェイサーは執着心、依存心を手放す

チェイサーにとって最も大きな課題は「執着心・依存心を手放す」と言うことです。
ツインレイ男性はツインレイ女性に出会った時、この人を守らなければ、と言う強い感情が芽生えるとされています。
また、ツインレイ男性は一途で優しく、女性にとって理想の相手であり、知らず知らずのうちに相手に依存してしまっているケースは少なくありません。
ですがそれこそがチェイサーが成長するべき部分であり、克服しない限りサイレント期間は終わらないと思って良いでしょう。
相手に頼り切っていたり、運命の相手だからと「相手主体の考え方」で執着し続けていると、それは全てランナーにとってのプレッシャーになります。
まずは「自分主体」で物事を考えられるようになりましょう。「相手が〇〇って言ったから」ではなく「私は〇〇って考えてる」と言う自分の考えを持つことが大切です。

2.自分のやりたい事をやる

精神的な自立を目指す一環として、これまで我慢してきたことややってみたかった事に挑戦してみましょう。
例えば、相手はスポーツが苦手でアウトドアデートをしなかったけど、自分は体を動かすのが好きだからアウトドアに挑戦しよう。などです。
ランナーの事を考えすぎるばかりに相手に合わせ我慢してきたことなどを振り返り、自分の本当の気持ちに素直になって行動することが大切です。
自分の気持ちに素直になる事で心の中に余裕が出来、ランナーの気持ちについても今までよりも寄り添って考えられるようになるでしょう。

3.サイレント期間までの事を振り返る

どうしてサイレント期間に突入したのか、を振り返る事も自分を見つめ直すことにおいては大切です。
普段の自分はランナー(チェイサー)に対してどのように接していたのか、相手の事をちゃんと思いやれていたのか。
同じことを二度と繰り返さない為には、どうするのが良いのか。自分を見つめ直し振り返る事は、魂の大きな成長に繋がります。
自己分析をして一回り成長できれば、より早くサイレント期間を終わりにすることが出来るかも知れません。

4.周囲の人と関わりを持つ

サイレント期間中はつい気分が落ち込み、ランナー(チェイサー)の事ばかり考えてしまうと思いますが、それは魂の成長にとって逆効果になります。
気分転換も兼ねて周囲の人たちと積極的に関わりに行きましょう。
特にツインレイ以外の異性と関わる事で、サイレント期間に突入した原因や、日頃自分が相手に対して行っていたことについて新たな気づきがあるかも知れませんし、もしかしたら新しい出会いがあるかも知れません。
それは決して悪い事ではなく、魂のレベルを上げる大切なプロセスの一環になります。

サイレント期間が終わる前兆はある?

海で向かい合う男女
サイレント期間の終わりが近づいてくると、自然に前兆が起こるようになります。
もちろん、それらを故意に探していては見つけたとしても本当の終わりはやってきません。

依存心、執着心が消える

チェイサーの魂が成長し「自立」出来るようになると、自然とランナーへの執着心が薄れていきます。
今までは「あの人しか居ない!」と思っていたのに、最近はあまり考えなくなったな、と思えたら、それはチェイサーの魂がこれまでよりも大きな成長を遂げ、ランナーに依存しなくても自立できるようになった来た、という証拠になります。
そして、ツインレイと言う垣根を超え相手の幸せを願えるようになった時、サイレント期間の終わりが見えてくるはずです。

2.体調が悪くなる

サイレント期間の終わりが近づいてくると、好転反応として体調を崩す日が出てきます。
微熱や吐き気、頭痛、眠くて仕方なくなるなど、生活に支障が出る可能性もありますが、これらはツインレイ再会に向けての反応なので、頑張って乗り越えましょう。
特に睡眠中は潜在意識がツインレイについて啓示をしてくれようとしている為、寝ても寝た気がしない、昼間もずっと眠い、といった現象が起こります。
もしかしたら次の日にでも、ツインレイと再会するのかも知れません。

3.物が壊れる

物が壊れる、と言う現象は、ツインレイと初めて会う時にも起こるとされています。
今回の場合は、魂の成長を遂げ波動の変わったチェイサーと、これまで大切にしてきた物の波動が合わなくなることにあります。
少し残念に思うかもしれませんが、物が壊れる、と言うことを通してツインレイの魂の成長を分かりやすく教えてくれています。

4.エンジェルナンバーを見る

ツインレイとの再会が近づいてくると、頻繁にエンジェルナンバーが目に入ってきます。
特に「111」「1111」と言った「1」が並んでいるエンジェルナンバーは、ツインレイとの再会が近い事を伝えてくれています。
他にも願いが叶う兆しである「1414」や再会、新しい出会いが近い事を教えている「2222」など、エンジェルナンバーを目にする機会が増えると思います。
それこそが、ツインレイとの再会が近い合図です。

5.ランナーから連絡が来る

サイレント期間の終わりを迎えた時、ランナーから遂に連絡が来ます。
連絡方法は様々で、ブロックしていた連絡先を解除して送ってきたり、連絡が取れなくなっていた場合には共通の友人を通してなどがあります。
ランナー側も己の悩みと対峙し、魂の成長を遂げています。まるで初めて出会った時の様な優しい時間が訪れることでしょう。
万が一、ランナーから連絡が来たもののそれが業務的であったり、冷たいと感じる場合には、サイレント期間が完全に終わったわけではないかも知れません。

サイレント期間は繰り返す?

サイレント期間は「魂が成長していない」場合、何度でも繰り返します。
相手に依存している、執着心が強い、など、一度克服したはずの感情や気持ちが再熱してしまう事は誰にでもあり得ることです。
また、サイレント期間になってから随分経つのに全く明ける気配がない。そんな時は、自分がちゃんと成長で来ているのかを振り返りましょう。
魂が成長していない限りサイレント期間は明けず、再会してもその後元の生活に戻ってしまえば、再びサイレント期間が訪れます。

サイレント期間を経て「魂の統合」を果たす

海で告白する男女
無事にサイレント期間を終え再会したツインレイは、これまで以上にお互いが魂で繋がっている感覚を感じることが出来るでしょう。
魂が一つになったような感覚があれば、それがツインレイが目指すべき最終地点「魂の統合」です。
統合を迎えたツインレイは、再び離れ離れになることはありません。
これまで感じていた不安や、相手に対する依存心などがなくなり、心からお互いを信じられるようになります。
統合を果たした二人は、今後安定した関係を築いていくことが出来ます。

まとめ

いかがでしたか?
ツインレイのサイレント期間は、終わりの見えない茨の道です。
特にチェイサーは追う立場でありながら自分を見つめ直し魂の成長を遂げるうえで、様々な葛藤や困難に苛まれることでしょう。
もし、自分だけではどうにもできない、と判断した場合には一度占いを頼ってみるのも良いのかも知れません。
今後の自分がどうなりたいか、どうやってランナーとの関係を続けていきたいのか、ヒントを得ることで魂の成長に繋がるかも知れません。

合わせてチェックしたい注目鑑定師

ツインレイを見抜く神託鑑定師:美麗(みれい)先生


占術霊感・霊視・神託・チャネリング・守護霊会話・ツインレイ・オリジナル占術
相談内容恋愛・複雑な恋愛・ツインレイ・人間関係・仕事関係
料金380円/1分(税込)
高次元の存在と繋がる事で神託を授けてくれる神託鑑定は、相手の気持ちや現状、未来までもを見通すことが出来、的中率も高いと評判で連日鑑定依頼が絶えない先生です。複雑恋愛やツインレイ鑑定など、恋愛に関しての鑑定は特に信頼を置かれており、感謝の口コミが多く寄せられています。
美麗先生の口コミ
昨日は鑑定ありがとうございました。 別れた彼との復縁を相談させていただきました。 彼の気持ちや今の状況、これからの展開を教えてもらえて、すごくほっとしました。 ポジティブにとらえ、彼に気持ちを送りながら、気長に連絡を待ちたいと思います。 1ヶ月後くらいにまた相談させてください。 ありがとうございました。
引用:電話占いリノア・美麗先生への口コミ
美麗先生の鑑定は質問1に対して10くらいのボリュームでお話してくれます。 私は恋愛のことだったんですが、相手の気持ちを伝えてくれるだけでなく、望む未来になる為には私自身がどのように向き合えば相手は嬉しいのか、そして先祖や守護霊はなんて言ってるのかを教えてくれます! 聞き取りは0で代弁するかのように少し機械的に早口で話されるのでアドバイスがスッと入ってきます。
引用:占いちゃんねる・美麗先生への口コミ